グローイングショットカラートリートメントは使い方簡単白髪染め!

グローイングショットカラートリートメントは使い方簡単白髪染め!

グローイングショットカラートリートメントの使い方は超簡単です!だから、忙しいあなたが毎日使っても苦になりません。

 

使いはじめの1週間は3回ぐらい使用した方が効果的ですがその後は1週間に1回でも十分効果を実感できると思います!

 

グローイングショットカラートリートメント使い方簡単!

グローイングショットカラートリートメントの使い方には、

基本的な使い方
より効果を実感できる使い方

の2種類がありますので、どちらもご紹介していきますね!

 

この方法は公式サイトにも掲載されていますので、チェックしてみ下さい。

 

グローイングショットカラートリートメント基本的な使い方

 

シャンプー後タオルドライ

まずはいつも通りシャンプーして髪の毛をキレイにします。整髪料等を使っている方は、特に念入りに洗うようにして下さい。

 

シャンプーしてしっかりすすいだ後は、タオルで髪の水気を取ります。

 

グローイングショットカラートリートメントを塗る

グローイングショットカラートリートメントを髪に塗っていきます。
素手でも大丈夫ですが、爪の間の汚れが気になる場合は、ビニール手袋を使うことをおすすめします!

 

塗り残しがないようにするためには、パーツに分けて塗っていくのがおすすめです。

 

グローイングショットカラートリートメントの使用量の目安は以下の通りです。

  • ショートヘア:大さじ1杯
  • セミロング:大さじ2杯
  • ロング:大さじ3杯

 

これはあくまで目安ですので、自分でちょうど良い量を探してみて下さい。特に白髪が気になるところは、重ねて多めに塗る方がより効果を実感できると思います。

 

10分間放置

グローイングショットカラートリートメントを塗った後は、5分間放置して下さい。

 

5分は長いと感じるかもしれませんが、白髪染めで放置時間が5分というのはかなり短いです。今まで私が使ったトリートメントタイプの白髪染めは、短くて10分放置でしたね。

 

しっかり洗い流す

グローイングショットカラートリートメントをしっかり洗い流して下さい。

 

洗い流す時にお湯に色がつくと思いますが、お湯に色が出なくなるまでしっかり洗い流しましょう!洗い流しすぎると色が落ちてしまうのでは?と心配されるかもしれませんが、それは心配ありません。

 

むしろ、洗い流しが足りないと、洋服等への色移りの原因になってしまいますので、しっかり洗い流すことが大切です。

 

グローイングショットカラートリートメントの効果を倍増するテクニック!

基本編を試して頂いた後は、ぜひこちらの応用編も試してみて下さい。

 

グローイングショットカラートリートメントの効果をより実感できるはずです。

 

グローイングショットカラートリートメントをシャンプー前に塗る

グローイングショットカラートリートメントの基本的な使い方は、シャンプー後でしたが、ここでご紹介する方法はシャンプー前の乾いた髪に使うという方法です。

 

これにより、より効果を実感できるはずです!

 

もちろん全員が効果を実感できるわけではなく、効果には個人差があると思います。ご自身に一番合う方法を見つけるために、色んな方法を試してみて下さい。

 

最初は1週間に3回目安!

グローイングショットカラートリートメントを使いはじめた最初の1週間は約3回使うことをおすすめします。

 

最初に連続で使うことでより色をしっかり入れることができます。これにより、色持ちが長くなるというメリットがあります。

 

次の週からは1週間に1回ぐらい気になったら使うだけで、白髪は気にならなくなるでしょう!

 

放置時間は長めに設定!

グローイングショットカラートリートメントは、放置時間が5分で良いというメリットがありますが、より効果を実感するためには、放置時間を長くするのがおすすめです。

 

なかなか忙しく時間が取れない方もいらっしゃると思いますが、時間に余裕のある時は、15分から30分ぐらい放置するとより効果を実感できます。

 

シャワーキャップを利用する!

グローイングショットカラートリートメントを塗った後の放置の時にシャワーキャップを被るのも効果的です。シャワーキャップを被ることで髪の内部への浸透度が高まる感じがしています。

 

まとめ

グローイングショットカラートリートメントの基本的な使い方と効果を倍増させるテクニックについてお話しました。

 

いかがでしたか?効果には個人差がありますので、ぜひどちらの方法も試して頂ければと思います。

 

実際に試してみることで、自分にはこの方法が合っているなというのが見つかるでしょう!